体系化の限界

 過剰な体系化志向、すなわち異なる2つのことがらへの連関の無理強いが、まともな思考力をうばう。論理や厳密化は決して、筋肉に緊張を強いることではない。体系化可能な対象を、うまく選べ。